20歳になった記念に一緒に酒を飲みに行くことになった高校時代の友人。
イケは当時と変わらない笑顔でやってきてくれたのでした。
「元気だったか?」
「元気すぎてチンコが爆裂だよ(笑)」
相変わらずのノリで挨拶をしてきたので、何となく安心してしまいました。
コンパなどでよく使っている駅前の居酒屋に入って、2人で20歳のお祝いをすることになっていきました。
生ビールをジョッキで注文、そして乾杯していたのです。
本当にあの当時と変わらない男で、何だか懐かしさでいっぱいになってしまいました。
ついこの前までLINEでも初体験がしたいなんて言っていたから、きっとまだ俺と同じ童貞なんだろうなって思っていたんです。
「相変わらずシコシコやってのか?」
「俺か?いや、最近はシコシコよりも、ズボズボポッコーンかな」
日頃使ったことがないような擬音を使ってきたために、いったいなに言ってんだこいつって思ってしまったんです。
よくよく話を聞いてみて、目をひんむいてしまいました。
「そろってなんなんだよ?(笑)」
「つまりあれだ、オマンコの穴に挿れてパコってとるって感じ」
「おまえ童貞の癖になに言ってんだ?」

「あっ、そうそうえ俺は卒業することに成功したんだよ」
この非モテなイケが卒業した…まさか初体験を済ませてしまったと言うのか?って感じだったんです。
「おまえなに言ってんだ?」
「いやいや、だからセックス決めちゃったんだよ」
この非モテ男が俺よりも先にセックスを決めた、物凄い衝撃波が襲ってきたって感じです。
暫くはこいつの顔を見つめてしまったのでした。
「正直俺もビックリしてるんだけどさ。
ネット使うと、セックスできるんだぜ」
このように話してきたのです。
ネットでセックスができるとは、いったいどんなことなんだろうって思いました。

 

定番サイト登録無料
セフレサイトランキング
童貞大好きのセフレを見つけています