高校生の頃から仲良くしていた同級生、彼も自分同様に非モテな男だったんです。
特にこいつは自他共に認めるモテナイ男で、女とまともに喋っているような姿すら見たことがないって感じだったんです。
ただ気がいいやつだったし、話も合うのでこいつは随分と仲良くしていました。
顔を合わせると彼女欲しいだとか、セックスしたいなんてお互いに話し合っていたんです。
あの女絶対締りが言いぞなんて、楽しそうに言ってくる友人を見ては苦笑ばかりしていました。
高校の時は仲良くしていた友人ですが、進学先は別々となってしまいました。
ただLINEは繋がっていたから、高校を卒業した後もそれなりに連絡は取り合っていたんです。
相変わらず彼女ができないだとか、童貞を卒業したいようだとか、一発決めたいなんて事ばっかり言ってた男でした。
彼とは成人を迎えたら酒を飲みにいこうよと、高校生の頃から約束していました。
お互いに20歳を迎えることになり、この約束を果たすために久しぶりの再会をすることになったのです。
LINEでの連絡はしていたものの、顔を合わせるのは本当に久しぶりな感じだったのです。
大学に入って会ったことはあるものの、その時は軽く飯を食べて終わっちゃった感じ。
成人にもなり大人になったのだから、思いっきり酒を飲みながら楽しみたいなんて思っていました。
彼もかなり楽しみにしているらしく、かなり盛り上がるんじゃないのかって気持ちになっていたんです。
また女が欲しいとかセックスしたいとか、そんな話で笑わせてくれるのかなって思っていたのですが、この期待は大きく外れてしまったのです。
それどころか、想像もしないような発言が飛び出してきてしまうのです。

本当にまさかこいつがって感じでした。

 

定番サイト登録無料
セフレサイトランキング
童貞大好きのセフレを見つけています